「お片付けミーティング」でのご相談

・三重県名張市 T様 半畳の押入れ
・ご夫婦二人暮し
部屋など見える所はキレイに片付けているのですが、押し入れなど収納スペースは「どこにしまって良いか分からないモノ」の吹き溜まりになっていました。例えば、頂き物や子供が残していった洋服など捨てられずにいます。とにかく最後の吹き溜まりみたいになっているので、どうにかしたいと思っています。

「お片付け提案企画」でのご提案

頂き物は人との繋がりを感じてなかなか捨てられないものですが、バザーやリサイクルなどに出すものと廃棄するもの、そしてどうしても捨てられないモノは話し合いながら、T様のお家の雰囲気に合うモノを残して、合わないモノは「いらないもの」として分類していくのはいかがでしょうか。

押入れは、家の中で唯一人に見られたくないものを収納することができる貴重なスペースです。
ここを有効活用しない手はありません。

ぜひ「押入れ収納術」を学んでいただき、どのように収納すれば、より多く収められ、どこに何を収納したかがいつも把握できているかをマスターしていただきたいと思います。

本日はよろしくお願いいたします!!

「お片付け作業代行」の様子

玄関に飾る花器や小さい箱物などは比較的よく使うので、すぐに取り出せて高さも活用できるよう、棚を用いて収納していきます。 使う用途、頻度に応じてあまり使うことのない箱物などを奥にしまい、使うことが多い順に前に並べていきます。
頂き物などでどうしても捨てられないものは、インテリアに合うものだけを残すように話合いながらしていきます。
下の段には比較的大きなモノ、お子様の思い出を入れたボックスを収納。
モノが増えてくれば、もう一段同じ大きさのボックスを購入して、そこに収納していってもいいですね!
大きなモノ、季節外れのストーブなどの季節物電化製品はお部屋にいつまでも置いておきたくはないですよね!
押入れに収納することによりお部屋がスッキリしますので、ここに季節ごとに入れ替えができるようなスペースを作っていきます。

仕上がり後、お客様の感想

サービスを受けて、とりあえず押し入れに直していて、迷って必要か捨てるかの判断が出来ず、モノのたまり場になっていた理由や今後どうやって判断するかを教えてもらい、大変勉強になりました。

片付いていない押し入れがずっと嫌で気になっていたので、綺麗に片付いてよかったです!!

これからも押し入れを有効活用できるよう、収納していきたいと思います。ありがとうございました。

【整理・収納サービス】押入れ収納をご利用いただき、ありがとうございました。

押入れを使いこなす秘訣は、スペースを活用し、しまうモノに合わせて区切って収納していくことです。

今回は下の段にはストーブなどの季節用品とお子様の思い出を入れたボックスなど比較的大きなモノを収納。
それに比べ上の段には、使う用途、頻度に応じてあまり使うことのない箱物などを奥にしまい、使うことが多い順に前へ、小さな箱などは棚を用いて収納していきました。
箱物はラベルを付けておくことで中に何が入っているかを把握でき、そうすることでまたモノが増えたときでも順番を並び変えるだけでよく、綺麗さを持続することができます。

押入れ収納で一番よくないのは、大きなモノも小さなモノも入り混じって収納していることと、箱物など中に何が入っているか把握できていないこと。
優先順位が付けられていないことで、モノが増えたときにどこに収納すればいいかわからず、空いているスペースに無造作に置いてしまう… ということになります。

このように「押入れ収納」では限られたスペースを有効に使うことが大切になっていきます。

ぜひ、いつまでも整理・収納ができていて、どこに何をしまっているかが把握できている押入れを持続してくださいね!

ありがとうございました。

★こちらは一例です。作業の流れや時間には個人差がございます★

サイト内に使用している事例の写真やお客様のコメントは、事前にお客様から使用許可をいただいております。実際にお受けするお仕事に関しては、許可なくサイト等に公開する事は一切ございません。 詳しくはプライバシーポリシーをご一読くださいませ。
お片付け事例キッチンカウンター お片付け事例子供部屋 お片付け事例体が不自由な方 お片付け事例私営施設 お片付け事例押入れ お片付け事例リビング
お得なモニター料金
キッズレッスンについて
キッズレッスンの事例
お電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ
お申し込み