キッズレッスンの様子

・三重県名張市 H様宅
・幼稚園<5才>のお子様にレッスン希望
今、娘の部屋には、おもちゃや幼稚園で作った作品などがたくさんあり、もうすぐ小学生になるので勉強机を購入。
子供が「自分で自分の物は管理できるように、元にあった場所にしまえるように」を目的にお片付けレッスンをお願いします。

まず、おうちの中でのお子様の「各部屋での過ごし方」をお聞きして、お部屋の間取りや持ち物、お母様のお考えなどをお聞きしていきます。

今回はお子様のお部屋を「自分の物は自分で管理出来るように」が目的です。
管理出来るようにするためには、この部屋で使う物以外はほかの部屋へ移動をしなければなりません。
部屋の中には、お子様には関係のない物や、この部屋で使うより別の部屋で使った方がいいもモノがたくさんあったり、リビングなど他の部屋にもお子様のモノが点々と存在しています。 お話の中で提案をさせていただくためにも、「各部屋での過ごし方」をお聞きすることは重要になってきます。

【キッズレッスン】はそれまでお片付けが、うまく出来なかったお子様が上手になるだけでなく、お片付けを学ぶことで大きくなったときに役立つ色々な能力が身についていきます。

楽しみながら、お片付けを学んでいきましょう!

大きな決断する機会があまりなかったお子様にとって
「いるもの」「いらないもの」を決めるのは難しい作業です。
はじめは、あまり深く考えずに決断したり、決断出来ない…と様々ですが
よく考え、想像して決断する事が出来てきます。
整理・収納の習慣を身につける第一歩であり、心の成長の第一歩です!

全部「いるもの」と
思っていたけど、分類
出来るようになりました。


「いるもの」のトップスは、パーカー、トレーナー、Tシャツ、幼稚園で着る服、小学校にいく時に着る予定の服、に分けていきます。
サイズが小さくなったモノは「いらないもの」へ。
分けたら付箋をぺたんと貼ります。

分けているうちにお子様自身で「もう着ない」というカテゴリーを作り、すすんで分類されていました!

使う頻度を考えながら、
3つに分類していきます。
想像しながらよく考えて♪


バックをたくさんにお持ちでしたので、いつも使うバッグ、ときどき使うバッグ、ほとんど使わないバッグの3つに分類していきます。
収納するときにご自分でしまえる高さの位置へ使う頻度の順番に収納していきました。

ご自分でしまえるように
お子様の身長に合わせ、
収納場所を決めました。

ご自分で考え、積極的に分けられるようになってきました。
細々した文房具は、細分化しながら分けていきます。
文房具はお小遣いで買ったり、友達や親戚の方にもらったり様々なエピソード
がある分いろいろ考えながら分けていきます。
モノの量を把握する事で計画性を養い上手なお金の使い方ができるのです。

もう、消しゴムが見当たら
ないから買い足してしまう
事もなくなりますね♪


封を切っていないモノはすべて出します。そうして出していくと消しゴムをたくさん持っていたことがわかりました。
鉛筆、ペン、無地のノート、線が入っているノート、下敷きなど、こまごました文房具類をすべて分けます。小学入学にそなえ分類し、定位置に収納します。

本当に必要なモノを見極めるために、
これからの生活を想像することは、創造力を育てます。
ポイントは、お子様が自分で決めること。
生活の一年先を見据えながら、いる・いらないを決めることで、
将来をイメージする力を養うことが出来るようになります。

大人から見ておもちゃでも
子供には違う事があります


楽器は楽器類にまとめたり、ブロック類、ぬいぐるみなどのおもちゃは種類別に棚や収納ケースに入れたりと収納場所をお子様にご自分で決めていただきながら、お子様が分からない時はこれはここに置いてしまったらどうかなど提案しながら進めていきます。
外で遊ぶおもちゃなど子供部屋に置く必要のないモノはお母様とも相談しながら他の部屋へ移動させたモノもありました。

幼稚園で使うモノ、お出かけ用など目的で分け、さらに素材と大きさで
分けていきました。積極的にお子様に考えてもらいながら分類。

使いやすく収納するためには何をどこにどんな風に配置したらいいのか
工夫する力が育っていきます。

お気に入りのハンカチも
すぐに取り出せるように!


ハンカチや、お弁当箱ケースを包むバンダナなどは収納ボックスに分け、お子様の身長を考えて取り出すやすい引き出しの一番下から収納。
どの種類のハンカチが入っているか分かるようにシールを張りました。

レッスンのまとめです。
『自分の物は自分で管理できるようになる!』
自分が「何を」どれだけの量を持っているかを把握し、
それを使うために「どこに」あったら使いやすいのかを
ご自分で考えて片付けることが重要です。

きちんと収納場所を
把握できているか、
もう一度確認しましょう!


レッスンの復習です。
何を…どこに…どうしてこの場所に収納したのか、目的まで確認出来れば満点です!

キッズレッスンを終えて、保護者様の感想

最初はどうなることかと心配していましたが、やさしく丁寧に教えてくださったので、娘も嫌がらずにがんばったと思います。

お片付けを通してこんなにも多くのことがつながっていて、子供が成長していく過程で必要なことが学べるとは正直驚きでした。

片付けられなくて損することは多いと思いますが、片付けができて損することはないと思います。親としては娘に片付けができて、自分自身を管理する能力も身に付けてほしいと思います。

作業終了後に私が「お片付けしてね」と言ったらしまうようになりました。 今のところリバウンドなしです ^^;
今後も、お片付けが好きになるように育っていってくれればと思います。
サービス利用して本当に良かったです。
ありがとうございました!!

H様
私の方こそ、楽しい時間を過ごさせていただき、ありがとうございました!! そしてお疲れ様でした。
最初の訪問時に絵を描いて迎えてくださって感激しました。



【キッズレッスン】では、お母様が「片付けなさい」と言っても片付けてくれない。というご依頼がほとんどですが、これはお子様がお母様についつい甘えてワガママになったり、すねてしまったりして教えても片付けてくれない事が多いようです。
レッスンを通して学習していくことで、お子様に小さい頃から整理収納の基礎と片付ける意味を理解していただくことを目的としています。

なぜ、片付けられないのか?
それは、元に戻す場所が決まっていなければ、どこに戻したらいいのか分からないからです。

自分の持ち物を把握し、いる・いらないを区別することは判断能力を養い、大人になるために必要な様々な感覚を養う第一歩になります。

また、教えることが難しい「物を大切にするこころ」、使いやすく収納するためには、何をどこにどんな風に配置したらいいのかなど工夫する力も育っていきます。

今回は、もうすぐ小学生になられるということで、いい入学準備ができたのではと思います。
将来は獣医さんになりたいとのこと。がんばってくださいね♪

今後も、お片付けを通して育む「お子様の可能性」を伸ばしていければと思っております。
ありがとうございました!!

★こちらは一例です。レッスンの詳細や1レッスンで進む作業量には個人差がございます★

サイト内に使用している事例の写真やお客様のコメントは、事前にお客様から使用許可をいただいております。実際にお受けするお仕事に関しては、許可なくサイト等に公開する事は一切ございません。 詳しくはプライバシーポリシーをご一読くださいませ。
整理収納レッスン キッズレッスン
お得なモニター料金
キッズレッスンについて
キッズレッスンの事例
お電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ
お申し込み